FC2ブログ

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

創作発表板をメインの拠点にコードギアス二次創作やらオリジナル駄文、日々の雑記などを書き散らしていますの
青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~ TOP  >  スポンサー広告 >  HANA子のにゅーす >  法相のお仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

法相のお仕事

ネタに困らないという点では今回も“良い”内閣ではあるようです。
もっともこういうネタに困らないっていうのが“国にとっても良い”内閣であるとは到底思えませんが。

平岡法相、待ちぼうけ 官邸から連絡なし
 自分は本当に入閣しているのか――。首相官邸から閣僚予定者への連絡が行われていた2日午前、平岡秀夫法相にはまったく連絡が来ず、閣僚名簿の読み上げがテレビで放送されて初めて法相就任を確認した

 平岡氏によると、1日の夜、野田佳彦首相から電話があり、「法相をお願いしたい。まだ一切口外はしないで下さい」と言われた。平岡氏は「変更の可能性もある」と思い、正式な就任要請を待った。2日午前、一部報道で「平岡法相」が伝えられ、報道各社が平岡氏の事務所に押しかける中、正式な要請を待ったが、連絡は一向になし。途中、藤村修官房長官にも確認の電話を入れたが、「打ち合わせ中です」と切られてしまった。

 他の閣僚が次々と官邸に入る姿がテレビに映し出され、事務所に待機する法務省幹部が「まだ大臣なのか分かりませんが、この秘書官でよろしいでしょうか」と平岡氏に相談する場面も。その後テレビで藤村氏が閣僚名簿を読み始めて、平岡氏は法相就任を再確認。あわただしくネクタイを締め、官邸に向かった。
asahi.com 2011/9/3

なんていうかネタ以外の何物でもないニュースでした。民主党には社会人のほうれんそう(報告・連絡・相談)って言葉はないの!? っていう。
さて今回法務大臣に就任となった平岡秀夫氏。この方民主党左派・政策グループ「リベラルの会」代表世話人を務めておられます。派閥(民主党では“グループ”と呼びますが、結局の所は派閥でしょ)は管直人派に所属していて、それなりの影響力を持つ人物のようです。
適当に検索してみたところ、所属する議員連盟にはこんなのがあるようです。ソースはwikiッ!
  • 在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
  • 日韓議員連盟所属。
  • 朝鮮半島問題研究会
  • 北京オリンピックを支援する議員の会
  • 民主党娯楽産業健全育成研究会の常任幹事

あぁ、やっぱりねって感触がもわんもわんしてきます。
どうして日本の場合、左派・リベラルって看板を掲げている人は韓国・朝鮮・中国と縁が深いンでしょうねぇ。あとパチンコ。
さて、こんな感じでいい具合に芳ばしいこの方。冒頭のニュースも充分ネタ成分過多な様子ですが、就任早々こんな発言をされています。
 
 つづきます




死刑執行「考えを整理したい」…平岡法相
 平岡法相は2日の就任記者会見で、死刑執行について、「(死刑制度に関する法務省内勉強会の)議論をしっかりとふまえ、私なりの考え方を整理したい」と述べ、執行への姿勢を明らかにしなかった。

 死刑執行は法相が命じるが、昨年7月に当時の千葉法相が2人について命じた後は執行されておらず、死刑囚は過去最多の120人に上っている。

 同省には昨年8月、死刑の存廃を含めた制度のあり方を研究する勉強会が設置され、現在も議論が続いている。勉強会開催中の執行の有無について、平岡法相は「勉強会は結論を出すという性格のものではなく、私なりに結論を出すことはあるかもしれない」とした。
読売新聞2011/9/2

死刑は日本の法制上の最高刑であり、刑罰として生命を奪うというものである以上、その執行には慎重であるべきです。
それはもちろんな話です。
しかし、現行の法律によって定められてあり、その法の下で行われた裁判によって確定した刑の執行は粛々と実行されるべきです。
死刑の存廃を含めた制度のありかたを研究するのは結構。しかし、それと死刑の執行はまた別の話であって、執行を止める理由にはなりません。
刑事訴訟法 第475条によれば、
475条1項:死刑の執行は、法務大臣の命令による。
同条2項:前項の命令は、判決確定の日から6箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であつた者に対する判決が確定するまでの期間は、これをその期間に算入しない。

とありますから、死刑が確定していながらこれを執行しないことは明確な法律違反になるのです。
冤罪があった場合、死刑は取り返しがつかないじゃないかという反論があります。
しかしこれもナンセンスです。この場合指摘されるべきは死刑の是非ではなく、それ以前の事件捜査や裁判における審理での問題だからです。
なんにせよ、法務大臣という立場にあって大臣の行政行為を真っ向から否定する発言や行為というのはいかがなものかとHANA子は思うのでした。
一応平岡法相は明確に死刑反対と唱えているわけではありませんし、現時点でどうのというのは拙速とも思いますが。


と、ここまで書いて、HANA子思い出しちゃいました。
もっとも思い出すも何も、すでに掘り起こされたコノ件がさっそくニュースとなってweb上を飛び交っているわけですが。
その「コノ件」についてもご紹介。ちょっと長いです。


激論「太田総理」で騒動 民主議員が「お詫び」
日本テレビのバラエティ番組「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。」のなかで民主党議員がした発言がネット上で騒動になり、議員がホームページで謝罪する事態にまで発展した。
番組では、「少年法」をめぐって、お笑い芸人、女優や小学生までをも交えて大激論が交わされていたが、熱くなった議員が「気の緩み」からか問題発言をしてしまった。

「悪いことをした子ども達は、それなりの事情があって」

「太田光の私が総理大臣になったら」は、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光さんを「総理」役、田中裕二さんを「秘書」に見立て、国会の議場に似せたスタジオで現職議員やゲストを交えて討論するという番組。
番組冒頭には、太田「総理」などから斬新な「マニフェスト」が提案され、討論ののち、最後には多数決で「可決」「否決」を決める。
2007年6月29日の放送では、お笑いタレント・カンニング竹山さんが「少年法を廃止します」という「マニフェスト」を掲げ、現職の自民・民主議員や女優、お笑い芸人、アイドル、高校生、小学生などの様々な経歴・立場の人たちによって、大激論が交わされた。
「人を殺す少年をそんな軽い刑で処分していいのか。被害者は納得しない」(女優・高田万由子さん)
「凶悪犯罪は少年法だけで裁けないところまで来てるんじゃないか」(カンニング竹山さん)
「少年法を誤解している。少年法の目的は子供たちの矯正機会を与えて再生すること。再教育が目的で、罰が目的じゃないんです。竹山さんがおっしゃるようなことをやるんだったら別の法律を作らなきゃいけない」(民主党・原口一博議員)
「厳罰を求めるのが被害者の意識」(山本モナさん)
「重大犯罪を犯さざるを得ないという状況に目を向けることこそ大切」(民主党・群和子議員)
「罰の目的は進歩。重い罰をあたえることは、その子を大きく進歩させる」(戸塚宏・戸塚ヨットスクール校長)
などなど、様々な意見がスタジオに飛び交った。
最後に、01年3月に17歳15歳の少年2人に息子が暴行され殺害された青木和代さんが出演。
「私は、法律は弱い立場の人を守るためにあるものだと思っていたが、加害者を擁護し、死人は口なし(だった)」「政治家は弱い立場の人のために法律を見直していただきたい」と思いのたけを述べた。
結局この「マニフェスト」は、賛成15、反対10の賛成多数で「可決」されたが、青木さんに対して、民主党・平岡秀夫議員が
「その加害者の人に、その、死の恐怖を味あわせるという気持ちで、あれですかね、私は、青木さんが本当に幸せというか、納得できるとはちょっと思えないんですね。むしろそういう悪いことをした子ども達は、それなりの事情があってそういうことになったんだろうと思いますけど・・・」
などと発言したことから、ネット上ではこの放送後に大きな騒動に発展。動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」にはこの放送の動画が複数アップされ、閲覧数は合計で14万を超えたほか、動画についてのコメント欄にも平岡議員を批判するコメントが100件近く書き込まれた。
バラエティー番組だから「気の緩み」か「本音が出た」のか
また、ネット上で反発を招き、掲示板「2ちゃんねる」では、「民主党のネクスト法務大臣が子供を殺された母親に暴言を吐く」とタイトルが付けられたスレッドが12本以上立てられ、「祭り」状態にまで発展。「母親可哀想すぎだろ」「これはマジで許せんのだが」といった批判の書き込みが相次いだ。
平岡秀夫事務所によれば、批判のメールが民主党本部に多数寄せられたほか、国会事務所や地元の事務所にも抗議の電話が寄せられた。これを受け平岡議員は7月2日にHPのなかで、
「私の発言に関して、多くのご意見を戴いています」
としたうえで、
「この点については、被害者のお母さんの気持ちに十分に思いを致すことなく、配慮を欠いた質問をしたことを申し訳なく思い、深くお詫び申し上げたいと思います」
と「お詫び」を述べた。しかし、この文章の末尾に
「『太田光総理の番組は、バラエティー番組だから』という私の気の緩みがあったと反省し、常に国会議員としての自覚を持って行動しなければならないと自戒しています」
との文言が書かれていたことから、「気の緩み・・・そういうときに本音が出ちゃうんだよね」などいった書き込みが新たに相次ぎ、ネット上の騒動は現在までも続いている。07年7月3日現在で2ちゃんねるでは5本以上のスレッドが立っている。
同議員事務所もJ-CASTニュースに対し、
「(最後の文の真意は)本人に聞かないと分かりませんが、今日も『最後(の文)が変だよ』『バラエティだから本音が出たんじゃないか』といった電話がありました」
と話している。
J-CASTニュース 2007/7/3

この番組のこの回、リアルタイムで見ていたんですよね。
「少年が死刑になったら被害者は戻ってくるんですか?」「悪いことをした子供達にはそれなりの事情があってそうなったと思う」などと見当違いな発言を繰り返していて、気分が悪くなったことを思い出しました。
この方、この時すでに「ネクスト法務大臣」との肩書きを持っていたようで、こんなのが本当に法務大臣になったら大変だなぁと思っていました。

なっちゃったよ?!


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村 
野田が在日から献金
在日は、民主党は自分達の政党だと確信している。
そのため、民主党の議員に献金する。民団も民主党の議員のために選挙運動をする。
在日に参政権を与えようとしているのは赤い民主党である。
在日から献金をもった野田佳彦も所詮、反日親韓の菅直人と同じ赤い民主党という穴の狢。
メタボの顔に隠れた本性の一端をのぞかせている。
[ 2011/09/04 08:12 ] [ 編集 ]
>>なんていうかネタ以外の何物でもないニュースでした。民主党には社会人のほうれんそう(報告・連絡・相談)って言葉はないの!? っていう。

 これって一種のイジメよね?(・_・;)
 それにしても、国家の重要事項にほうれんそう無しって……
 ほうれんそうは必要ですo(`ω´*)o

 ほう:砲撃支援
 れん:連携攻撃
 そう:掃討作戦

 よく覚えておくように!!
 ここ次のテストで出ます!!


>>どうして日本の場合、左派・リベラルって看板を掲げている人は韓国・朝鮮・中国と縁が深いンでしょうねぇ。あとパチンコ。

 蓮呆さんのことですね、分かります。


>>「少年が死刑になったら被害者は戻ってくるんですか?」「悪いことをした子供達にはそれなりの事情があってそうなったと思う」

 ………………

 この人、逆に反民主で送り込まれた刺客なんじゃ(・_・;)

 『少年が生きてたら被害者は戻ってくるんですか?』
 『事情があったら犯罪を犯してもいいんですか?』

 あなたは何も考えずに、ハンコ押してればいいです……
[ 2011/09/04 09:00 ] [ 編集 ]
Re: 野田が在日から献金
> 在日は、民主党は自分達の政党だと確信している。
> そのため、民主党の議員に献金する。民団も民主党の議員のために選挙運動をする。
> 在日に参政権を与えようとしているのは赤い民主党である。
> 在日から献金をもった野田佳彦も所詮、反日親韓の菅直人と同じ赤い民主党という穴の狢。
> メタボの顔に隠れた本性の一端をのぞかせている。
さっそく外国人献金問題再燃のようですね
民主党が在日団体とずぶずぶってのも今更感のある話ですが、野田総理自身が韓国民潭のパーティー席上で「民潭のおかげで勝てた」発言してますし野党としては攻め所いっぱいのはずなんですよねー
攻めることが出来るかが問題ですが
なんにせよ、日本国民を向いた政治をして欲しいところです。
報われそうにない期待ではありますがねー
[ 2011/09/04 21:38 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>  ほうれんそうは必要ですo(`ω´*)o
>
>  ほう:砲撃支援
>  れん:連携攻撃
>  そう:掃討作戦
>
>  よく覚えておくように!!
>  ここ次のテストで出ます!!
はい、せんせー! HANAちゃんおぼえましたー
これいいわぁw なんかのお話で使わせてもらおっとw
あ、著作権料はおいくら?w 
>
> >>どうして日本の場合、左派・リベラルって看板を掲げている人は韓国・朝鮮・中国と縁が深いンでしょうねぇ。あとパチンコ。
>
>  蓮呆さんのことですね、分かります。
そうです。REN4さんです。
またの名をマジコンの女


>  この人、逆に反民主で送り込まれた刺客なんじゃ(・_・;)
前に光市母子殺人事件の公判でそんなコピペが出回りましたっけ。
ほら、実は担当弁護士が死刑制度存続のためにあえて憎まれ役を買って出て、とんでも発言をくりかえしたってコピペ
わたしはあれを思い出しましたよ……
[ 2011/09/04 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HANA子

Author:HANA子
看護師をやってる似非腐女子

夢は
F22ラプターに乗った王子さまか、
JAS39グリペンに乗った皇子さまが
迎えにきてくれること
ついでに言わせてもらえば、
メビウス1はうちの婿

イメージ的にアーニャならしい2×歳

ブクログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

ついったーはじめました

バナー
バナーです。リンクなどに使っていただけたら幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。