青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

創作発表板をメインの拠点にコードギアス二次創作やらオリジナル駄文、日々の雑記などを書き散らしていますの
青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~ TOP  >  スポンサー広告 >  HANA子のにゅーす >  実はわたし、関心があるんです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実はわたし、関心があるんです

HANA「実はF-Xに関心があります」

V.V.「……ついにこの時が来たんだね。とうとう個人金融に手を出しやがったか」

アーニャ「働かずに金を稼ごうとはふてェヤロウだ」

QB大尉「これが若さか……」

HANA「どうやら勘違いしているようですね……。貴方達が思いついたのは『外国為替証拠金取引』の『FX』じゃないんですか?」

V.V.「え? 違うのかい?」

HANA「わたしが言っているのは『Fighter-experimental』で『F-X』、航空自衛隊の『次期主力戦闘機導入計画』の件についてですよ!」

アーニャ「わたしはHANA子を信じていた」

QB大尉「HANA子は賢いな」

V.V.「……なにこの流れ」

ミリオタ自称 菅首相「FXに関心ある」
航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の機種選定に向け、防衛産業の売り込みが激しくなるなか、菅直人首相の発言が政府内で波紋を広げつつある。
どこかで聞いたことのあるようなセリフで「迷走」を予感させるだけに、早期退陣を求めたいのが官僚の本音だ。

■写真に反応

「実は、FXにはすごく関心があるんだ」。

菅首相は官邸の執務室で身を乗り出すようにして切り出した。
安全保障政策に疎く、「改めて法律を調べたら自衛隊に対する最高の指揮監督権を有していた」と自覚に欠ける発言もした首相だけに、向かい合った防衛省幹部には予想外の「関心」だったに違いない。
テーブルには防衛省が作成した資料があった。
FXは昭和46年に導入が始まり老朽化した空自F4戦闘機の後継機で、(1)米英などが共同開発中のF35ライトニング2 (2)米海軍のFA18E/F (3)欧州共同開発で英独伊などが採用しているユーロファイター-が候補となっている。
資料に添付された3機種の写真を目にすると、首相はすかさず反応した。「おっ、これは…」と言いながら、ある機種を指さそうとしたという。
FXは1機あたりの調達価格が100億円を超える可能性があり、防衛産業や商社がうごめく巨大商戦でもある。このため、防衛省幹部が「(予断を与えないよう)簡単に指ささないでください」と冗談まじりに制止すると、首相は「今回は黙っていよう」と聞き役に回った。
ことFXに関しては「ミリオタ」を自称した首相だが、やりとりを聞くかぎり内実は定かでない。
聞き役に徹したのも、質問したり自身の考えを開陳するほどの識見がなかったからかもしれない。ハッタリの疑いがあるのだ。
 つづきます



記事のつづき
■危険な兆候
首相が専門家ぶるのは危険な兆候でもある。
「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」。そう自任していた首相が後に、「原子力の専門家ではありませんので、すべてを知っているわけではありません」と翻したことが想起される。
専門家きどりで独断専行→事態対応の混乱拡大→前言撤回と責任逃れ-。
東京電力福島第1原発事故をめぐる首相の対応と事態の推移だが、これひとつをとっても即刻退陣に値する「過失」だ。
FX選定も「過失」は許されない。今後数十年に及ぶ日本の防空能力を維持・強化するうえで、最も大きなカギを握るのはFXにほかならない。
中国は敵のレーダーに捕捉されにくいステルス性が特徴の第5世代戦闘機の開発を進め、2017年の実戦配備を目指している。
空自は「対中抑止」には不可欠だとしてF35を本命視する。候補のうち第5世代機はF35だけで、「いくら第4世代機に改良を加えても第5世代機には追いつけない」(空自幹部)との判断材料に重きを置く。

■複雑な事情
ただ、ここにきてF35の導入に暗雲が立ちこめている。
開発の最終段階となる運用試験は17年春まで待たなければならず、日本政府が要求する同年3月までの完成機納入は絶望的との観測が出ているためだ。
加えて、今回は過去の戦闘機選定にはなかった複雑な事情も横たわる。国内の戦闘機生産・技術基盤の維持だ。
空自F2戦闘機の最終号機が今年9月に納入されれば生産ラインは止まり、下請け企業の撤退や熟練工の離職が懸念される。
1955年にF86戦闘機のライセンス生産を開始して以降、間断なく続いてきた戦闘機生産が途絶えることになる。
F35はライセンス生産の望みは薄く、仮にF35の導入を決めた場合、国内防衛産業の「基盤維持」とどう折り合いをつけるかは難題となる。
その判断を菅首相に委ねるのは甚だ心もとない。
昨年12月の「防衛計画の大綱」の閣議決定直前に、社民党との連携に色気を出し、防衛産業の盛衰にも深くかかわる「武器輸出三原則」の緩和を見送ったのも菅首相だった。「国益」を「政局」に安売りする政治家でもあるのだ。
これから機種選定作業は佳境を迎える。
9月には米英両政府や防衛産業が性能や経費を盛り込んだ「提案書」を提出してくる。
これを受け、防衛省は審査に入り、11月末までに導入機種を決める。12月に安全保障会議にはかり了承を得たうえで、来年度予算案に関連経費を盛り込む予定だ。

菅首相はその安保会議の議長を務めるほど、居座り続けるのだろうか。仮にFX選定が首相の「関心」と「延命」に振り回されるようだと、国がもたない。
msn産経ニュース 2011.7.10 18:00

記事中にあるように次期主力戦闘機の選定は非常に重大かつ重要な事案です。
例えば現在航空自衛隊で主力機として運用されている「F-4EJ ファントム」は1973年導入開始、「F-15J/DJ イーグル」は1982年導入開始なんですよ。
これだけ長いこと使っている──使わなければならないってことなんです。
現実の兵器とはアニメとは違って、このように非常に長い期間使い続けるものですから、後からぽんぽんと新型機を導入ってわけにはいかないんです。
それだけに選定には慎重にも慎重を重ねる必要があるのですが……、

アーニャ「非常に不安になる言葉が首相から放たれた……」

というわけです。
みなさん覚えていますでしょうか?
以前、

管首相「僕は物凄く原子力に詳しいんだ」
     ↓
管首相「臨界ってなんだ?」「ヨウ素って粉末で入れるの? 液体で注入するの?」
     ↓
管首相「私は原子力の専門家ではありません」


という発言をかまして物議を醸したことを。
なんというか、「またか」という気持ちでいっぱいです。
政治主導だとか何とか言って、そんでもって散々引っ掻き回してむちゃくちゃにした挙句に、
「私は軍事の専門家ではありませんからなんでも知っているわけじゃないんです」
とか本気で言いそうで怖いです。
あ、なんかフラグが建ったぽい?
ていうかですね、実はこの記事を読んでびっくりしたのはソコじゃないんですよね。

V.V.「と言うと?」 

ここです。
安全保障政策に疎く、「改めて法律を調べたら自衛隊に対する最高の指揮監督権を有していた」と自覚に欠ける発言もした首相だけに、向かい合った防衛省幹部には予想外の「関心」だったに違いない。

この青字にした部分なんですよ。
これ、ネタじゃなかったんだなー。実は実話だったんだなーと思って、なんかびっくりしました。
去年の8月ごろのニュースなので、ニュースソース元の記事は無くなっているんですが、色々と検索かけたら事実ならしく、取り上げているサイトが山盛りで出てきました。
たまに目にする話だったんですが、いくらなんでもネタだろと思ってこれまでわざわざ検索したりしなかったんですよね、この話題。

V.V.「去年の8月頃か……君自身が色々大変だったから気がつかなかったんだね」

ちなみにこの頃、管首相は「防衛大臣って自衛官じゃなかったんだね」という“文民統制”の原則が裸足で逃げていくようなトンデモ発言もしていたそうです。
そんな首相閣下ですから、ぜひにお願いしたいわけです。

頼むから、F-Xには口を出すな! と。

中国やロシア、危険度はこの二国からグッと下がるものの厄介度では上回る韓国と北朝鮮。これら普通の国なら 人生\(^o^)/オワタと匙を投げ出しかねない不安定要素たちに取り囲まれている我が国の防衛を担うF-X。それを思いつきでめちゃくちゃにしないでくれと切にお願いしたいのです。

QB大尉「その願いは君の魂を差し出すほど価値のある願いかい? もしそうなら……」

いやいやいや。わたし、少女じゃないんですが。

QB大尉「……そうだったね! いやぁ、君のその貧相な背丈、可哀相な体格、涙零れんばかりの胸を見てると、たまにその事実を忘れちゃうんだ(笑) ごめん、この話はなかったことに(笑」

HANA「……言いたいことはそれだけか?」

QB大尉「ハっ?!」

わたしはスカートを跳ね上げ、太ももに隠したホルスターから愛銃を引き抜いた。
コンパクトにまとめられたその愛銃の名は「ワルサーPPK」。
ドイツ、カール・ワルサー社が提供するダブルアクション、ストレートブローバックの小型拳銃の傑作だ。
発売は1931年。かのヒトラーも携帯したという事は余り知られていない。ジェームズ・ボンドが──映画のヒーローが手に持つ愛銃だと知られている程には……という意味だが。
弾倉には380ACP弾が6発。薬室に1発が装填済み。
わたしは不敵に微笑んだ。それは獲物に与える最後の慰めなのだ。
そして────

QB_convert_20110425001032.jpg

QB大尉「きゅっぷい……」

HANA「さよなら。貴方のことは忘れないわ……多分、あと10分くらいの間はね」

いつだって、硝煙の向こうには虚しさが漂っている。
それが、わたしの、焔の運命(さだめ)……。



どうでもいいことだけど、「かんしゅしょう」ではまともに変換されず、「くだしゅしょう」と入力しなければ一発で「管首相」に変換されないうちのPCっていったい……。
辞書登録すればいいじゃん?
だってメドイんだもん!(可愛らしく
そんなHANA子に応援のクリックをお願いします~☆

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村 


ちなみにHANA子の推しは「ユーロファイター」です。
記事中にもありますがF35のライセンス生産は絶望的ですし、F18E/Fスパホはそもそも海軍機じゃんと。
ブラックボックスを設けないって話もあるんだし、ここは「タイフーン」で魔改造を! 魔改造を!(大事なことなので(ry
FXって戦闘機じゃないんだ…ってツッコもうと思ったら、やっぱり期待を裏切らないHANA子さんだった(#^.^#)

それにしても菅首相は………
不安委員とか、選挙が終わってからマズいこと発表しはじめる某党とか嫌になりますね(゜▽゜;)

でも菅首相のトンデモ発言で、

「僕は戦闘機の専門家だよ。昔からロシアの戦闘機が好きで、できれば【ベルクト】を採用したいと思ってるんだ。もちろん、前進翼は可変翼にして、ステルス実験器”心神”のノウハウを導入すれば、オレかっこいいwwwオレつえぇぇwwwできると思うんだ」

とか、ならないか(´_ゝ`)
[ 2011/07/21 05:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> FXって戦闘機じゃないんだ…ってツッコもうと思ったら、やっぱり期待を裏切らないHANA子さんだった(#^.^#)
みなさまのご期待には全力で。HANA子です

> それにしても菅首相は………
最近は「鳩山越え」の最低首相タイトル奪取も夢ではないと言われている総理大臣閣下ですねぇ

> でも菅首相のトンデモ発言で、
>
> 「僕は戦闘機の専門家だよ。昔からロシアの戦闘機が好きで、できれば【ベルクト】を採用したいと思ってるんだ。もちろん、前進翼は可変翼にして、ステルス実験器”心神”のノウハウを導入すれば、オレかっこいいwwwオレつえぇぇwwwできると思うんだ」
人型可変戦闘機の開発を指示した! だったらもう『管愁傷』とか言わないことにする。全力でする

> とか、ならないか(´_ゝ`)
そんなわきゃーない(タモリ風に
[ 2011/07/23 22:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HANA子

Author:HANA子
看護師をやってる似非腐女子

夢は
F22ラプターに乗った王子さまか、
JAS39グリペンに乗った皇子さまが
迎えにきてくれること
ついでに言わせてもらえば、
メビウス1はうちの婿

イメージ的にアーニャならしい2×歳

ブクログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

ついったーはじめました

バナー
バナーです。リンクなどに使っていただけたら幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。