FC2ブログ

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

創作発表板をメインの拠点にコードギアス二次創作やらオリジナル駄文、日々の雑記などを書き散らしていますの
青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~ TOP  >  スポンサー広告 >  HANA子のにゅーす >  吐き気をもよおす程の邪悪・口蹄疫問題その後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

吐き気をもよおす程の邪悪・口蹄疫問題その後

まどろっこしい前置きなんて、なんかもうどうでもいいやって気分。
まずはこちら。

口蹄疫:前農相が小説
宮崎県で昨年猛威を振るった家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)を描いた小説を山田正彦前農相(69)が書き上げた。タイトルは「口蹄疫レクイエム 遠い夜明け」(KKロングセラーズ刊)。
副農相、農相として陣頭指揮を執った山田前農相は「できるだけ事実に沿って書いた」といい、関係者が実名で登場する「ノンフィクション・ノベル」となった。
農相を昨年9月に退任後、「29万頭もの家畜を犠牲にした口蹄疫について、鎮魂の思いを込めて記録したい」との思いを募らせた。宮崎へ足を運び、発生した農家や殺処分に当たった獣医師らから取材。いとおしい家畜を殺処分した苦しみや悲しみ、憤りの声に耳を傾けた。
ワクチン接種の経緯が詳しく、宮崎県や東国原英夫前知事の対応を批判的に描く場面も多い。初発とされる農家が初発かどうか疑問も投げかけている。
「何度も書き直しただけに、執念の一冊になった」と振り返る。
四六判で約300ページ、定価1890円。
毎日新聞 6月29



山田正彦。
日本の政治家。民主党所属の衆議院議員。元農林水産大臣(第51代)。現在衆議院農林水産委員会委員長。

まず言いたいのは、東日本大震災で国家的危機の状態にあるこの時に与党に所属する代議士が何をやっているのかと。
本を書くということは大変な作業です。
取材を行い、取得した情報と情報のすりあわせを行い、それによって露になった問題への解釈を行い、そしてそれらを形のある文章に仕上げていく作業。
片手間で出来ることではありません。
HANA子なんてほんの20kb程度の文章を書くのにだってぜいぜいと息を荒げる程自分の中の色んなものを目一杯搾り出すような思いをします。そりゃわたしなんかを基準にするのはおかしな話ですが、それでも一冊の本を書き上げるという行為はとんでもない力を必用とする行為なのです。
それをこの方はこの大変な時期に行っていたとおっしゃるのです。
ご本人は刷り上った本を手にしたときのことを自身のブログの中で「政治家としての責任を果たせたような気がした」と述べています。

が、

HANA子には寝言は寝て言えという感想しか思い浮かびません。
政治家という職業は、確かそんな暇なお仕事ではなかったと思うのですがどうなんでしょう?
まして今次大震災において北関東から東北にかけての農業・畜産業は壊滅的な損害を受けているというのに、です。この人の現在の肩書きをご存知でしょうか?
そうなのです。この方は与党所属の代議士で尚且つ衆議院の農林水産委員会委員長であるのです。
後は、わかりますよね?


それと、この記事を読んでいて思ったことがあります。
この本、ノンフィクション・ノベルと銘打っているんですよね。
“ノンフィクション”ではなく、ノンフィクション“ノベル”なんです。本の表紙にはタイトルの上に“実名小説”と大きく書かれています。
なんなんですかね、これ。
鎮魂のために口蹄疫の惨禍を記録しなければいけないと思い立って、宮崎の地に通って関係者への取材を繰り返した。そして書き上げたと言うのなら堂々と『ノンフィクション』とはっきりと言うべきなんですよ。
ノンフィクション“ノベル”だと、これは事実を元にした“小説”なんだと逃げ道を残しておくような言い回しは卑怯だと言わざるをえません。
そう、この人のやり方は余りにも卑怯で、卑劣で、姑息としか言いようのないものです。
口蹄疫の被害を受けた畜産家の方々はいまだに癒えない傷を抱えて毎日を過ごしておられていると聞きます。
そんな中、山田正彦議員はこのような本を出版されるというのです。
鎮魂の思い?
執念の一冊?
自分はこの件になんの責任もない人間だと思っているのでしょうか。
貴方は傍観者ではなくて、一連の事象の当事者でしょうに。
事態が憂慮すべきものであると知りながら責任者として指揮をとることもせずに外遊に、文字通り外へ遊びに行くに等しい行いをした赤松広隆元農相。
政治主導の美名の下で大臣・副大臣と共に政務の軸を司るはずだった舟山康江農水政務官はデンマークへ出張。
そして農水副大臣の要職にありながらなんの効果的な対策を打つことなく、事態を悪化するに任せた山田正彦議員。
この本で山田正彦議員は宮崎県と当時の東国原知事を批判するとともに、口蹄疫が最初に発生したとされる農家への疑問などについて述べているそうですが、それは責任者の立場として当事者であった人が言う言葉でしょうかと言いたいのです。
基本的な対策はその殆どを宮崎県に放り投げ、自民党を始めとする野党からの提言には耳を貸さずに事態を悪化させ続けた。
そうして事態が収拾が付かなくなる段階になればヤケクソ気味の《命を大事にしたい》なんて前言を翻す「ワクチン接種・全頭殺処分」の決定。
殺処分という結論を何とか回避しようと力を尽くしていたのは当時の東国原知事であって、「早く殺せ」と笑って言ったのが貴方達だったことをわたしは絶対に忘れません。

正に腸の煮えくり返るような話、吐き気のするほどの邪悪とはこういうものなのかと

こんな人非人が今、自分と同じようにこの空の下で息をしているということにわたしは激しい嫌悪感を覚えています。

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HANA子

Author:HANA子
看護師をやってる似非腐女子

夢は
F22ラプターに乗った王子さまか、
JAS39グリペンに乗った皇子さまが
迎えにきてくれること
ついでに言わせてもらえば、
メビウス1はうちの婿

イメージ的にアーニャならしい2×歳

ブクログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

ついったーはじめました

バナー
バナーです。リンクなどに使っていただけたら幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。