FC2ブログ

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

創作発表板をメインの拠点にコードギアス二次創作やらオリジナル駄文、日々の雑記などを書き散らしていますの
青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~ TOP  >  スポンサー広告 >  HANA子のにゅーす >  ミトメタクナーイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミトメタクナーイ

「棚にあげる」と言うと、意味としては『なすべきことに手をつけないで先延ばしすること』または『都合のわるいことはさて置くこと』となります。
大体において、

『彼は自分のことは棚に上げて他人の批判ばかりをする』

の様な使い方をする言葉です。
ネットでこういう捉え方をされる発言を行うと『お前がゆーな(言うな)』と叩かれますし、にちゃんねるなどの掲示板でそういう話題が出れば『今日のお前が言うなスレはここですか』などと嘲笑されることになります。
今日の話題はそれを踏まえたものになるのですが、少々いつもとは趣きが違うようです。

日本の民主党が失敗した原因を探る=中国人有識者
中国網日本語版(チャイナネット)によると、鳳凰網評論家のユ天任氏がこのほど、「日本の民主党が失敗した原因を探る」とする論評を発表した。以下は同論評より。

民主党は2009年8月末の第45回衆議院選挙に勝利し、党首の鳩山由紀夫氏が9月末に民主党内閣を結成した。
こうして自民党の一党執政は終わりを告げ、日本は真の二大政党制を実現したかにみえた。
ところがそれから2年が経ち、今再び選挙が行われれば、おそらく自民党が再び長期にわたって政権を握ることになるだろう。
有権者の記憶がなくならない限り、民主党が与党になることは二度とないだろう。
民主党は完璧に失敗した。どうして失敗したのか原因を探る。
 
 (つづきます)




 ※記事の続き 
◆戦略目標の欠如
民主党が政権につくまでの戦略目標は「政権交代」、つまり与党になることだった。
09年の勝利でこの目標が実現したが、次はどうするべきか、与党になって何をするかを知る人はいなかった。
これが民主党の悲劇の根本だ。
民主党が政権をとるために見つけた理由は有権者に選択肢を提供すること。二大政党制でなければ選択肢が提供できないというのだ。
当然、民主党も二大政党制は名前の違う2党が存在するだけでなく、区別がなければならないことは知っている。しかし戦略目標のない民主党が独自の特色を表現できるはずがない。
もっとも簡単な方法は、自民党と反対のことをして独自性や自民党との違いを示すことだ。

◆民主党が党内でもめる理由
今の日本の政界は理解しがたい。民主党内で菅首相に退陣を迫る声が党外よりも多いのだ。
まず、菅首相が今退陣しても自民党など野党に直接的なメリットはあまりない。今は議会を解散して選挙を行う時機ではなく、菅首相が退陣しても自民党が総理大臣の座を得られるとは限らないからだ。
しかし民主党議員は菅首相が退陣すれば、自らが首相になれるかもしれないという思惑がある。
次に、菅内閣の震災への対応があまりにお粗末なため、民主党内の議員の面目が立たないという理由もある。
3番目に、自暴自棄になっているとも考えられる。
民主党は今回ありとあらゆる欠点を暴露してしまい、政権を任せるにはあまりに頼りないと誰もが感じている。
そのため民主党は今回、衆議院任満了までねばり、与党を堪能しようとしている。こうしたチャンスはもう二度と来ないからだ。

民主党の失敗は日本の民主政治にとって悪いことではない。今回の失敗で、いかに政党を判断するか、耳障りのいい言葉に踊らされて投票してはならないこと、そして国の未来を展望し、実現可能な方法を提案できる政党がいかに大切かを日本人は学ぶことができた。
サーチナ2011/06/18

いつもの中国なら、ここで一発「お前が言うな!」と声をあげるところなのでしょうが、なんというか……正論過ぎてぐうの音も出ない感じです。
多少なりとも注意をもってニュースをチェックしている方なら「何をいまさら」と言うような今更感の漂う内容ではありますが、それでも正論過ぎて他に何も言えないといった記事であると思います。
もちろん「一党独裁体制」で「言論封殺」を現在進行形で行っている国である中国──中華人民共和国ですから、その中国に選挙がどうのと民主政治がどうのと言われる道理はないと言えなくもない、ですが。
しかし、それでも現在の日本の状況を正確に捉えていることは間違いない事実です。
先の内閣不信任案提出の前後、マスコミはおしなべて混乱している現状をさらに混乱させる愚かな行為であると提出した自民党批判に終始していましたが、その間提出された管内閣については批判は少なからずあるものの、その問題点の指摘はまったくと言っていいほどされませんでした。

アーニャ「確かテレビでは民主党から何人造反者が出るか……とか、そういう話ばかりだった」

えぇ、肝心のことについては殆ど報道されていなかったように思います。
5月の上旬、管内閣は2011年度一次補正予算の可決の後、本格的な二次補正予算の審議を8月以降に先送りをする決定をしていました。
当初、一次・二次と切れ目無く対処していく予定であったのに、です。
その理由について、政府は詳しく話していません。しかし、その内容は明白です。
二次補正はおそらく20兆円規模にもなる大規模なものになるとされていました。
そうまで大きな物になるのであれば中身は当然、財源についても議論は紛糾することは必至です。
原発問題に増税論に関わる問題などでおおわらわであり、大規模予算の審議に入るための準備も調整にも手が回らない政府としては、このまま審議に入れば野党に対抗し得ないのではないかと考えるのも無理ありません。
当時すでに与野党に広がっていた内閣早期退陣論がこれ以上広がる前に出来るだけ早く国会を閉会するべきだ、というのが管内閣の出した結論だったようです。
それが発表されたのがゴールデンウィーク只中の5月6日のことでした。
冗談ではありません。第二次補正予算で審議されるのは被災地復興と被災者保護の予算だったのですから、それを政権延命のために先送りするなど許されないことです。まさしく言語道断の話です。

結局、管内閣は内閣不信任案提出が現実味をおびてきたころ、二次補正案の審議、会期延長、自身の退陣をちらつかせ始め、結果として今国会での二次補正予算案の議論は始まることとなりました。
その後のいわゆる「ペテン師がペテン師に騙された」騒動については、見るに耐えず、聞くにも耐えないお話ですので割愛します。
テレビでは管総理についての批判・非難については報道されますが、相変わらず不信任案提出に関しては自民・公明への批判の一辺倒に徹しています。
なぜ内閣不信任案が提出されるまでの事態になったのか
ということについて語られていた番組など、わたしは寡聞にして知りません。マスゴミの二つ名に恥じない報道姿勢と賞惨(誤字にあらず)するべきなのでしょう。
わたしは自民党や公明党について、今回の内閣不信任案提出騒ぎを支持するつもりはありません。
ただ、ごたごたの上のごたごたの末に『もうこうするしか他になかったじゃない』的なところは理解できるように思います。
「この大変な時期に内閣不信任案提出なんかで無駄に時間を過ごすつもりか」
と起こっている被災者の映像をテレビで見た覚えがありますが、そもそもそんなものを提出しなければならないほど政府が機能していないということを我々国民は把握していなければならないのではないでしょうか。
政府がきちんと仕事をしているのならば、その状況で内閣不信任案が提出されたのならば、その批判は真っ当至極なものです。
しかし、その仕事をろくにせず、あろうことか震災復興の軸となる二次補正予算の審議を自分の権力を守るためだけに先延ばしにしようなどという輩を放っておくことがはたして益になるでしょうか?
内閣不信任案提出にあたって『次の政府・政権』のビジョンを出すことをせずにただ提出だけに走った自民党の姿勢は批判に充分あたるものですが、少なくともその提出せざるを得なかった事については批判にあたるものではなかったとわたしは思います。

それにしても、まさか中国にまで慰められるかのごとき事態になってしまうとは……と慨嘆せざるを得ません。
本来ならば日本のマスコミが書くべき内容であるという事についても……というより、日本のマスコミがこの程度のことも報道できないということについてもため息がでます。
つまり、それが日本が現在陥っている病なのだということなのです。
こと国家が患う病というものに名医はいません。
主権者が正しい知識と見識をもち、強い身体を築き上げて、健康になる以外に治療法はないのです。
認めたくないことかもしれません。しかし、認めなければ前には進めない。
そういうことなのではないでしょうか。



V.V.「昔からよくいうことだけど」

QB大尉「なんだい?」

V.V.「専制、独裁制、共和制と色々政治体制はあるけれど、どんな政治体制であれ主権者が物を知らないようではどんな制度も絵に描いた餅に過ぎないってことなんじゃないかな」

QB大尉「ふうん」

V.V.「言っちゃ悪いけど、この記事に書かれていたようなことは09年の選挙前にはすでに語られていたことさ。しかし大衆は鼻の先にに吊るされた人参に釣られて飛びついてしまった……それだけのことだろう?」

V.V.「しかしそれでも管内閣とやらの支持率は21.9%だとか。政党支持率では自民党約26%に対して民主党約20%にまで後退したらしいけど、先月末にいきなり34%まであがっていたことを考えれば管内閣がギリギリまで続投を続けるだろうって予想もあながち外れないかもね」

QB大尉「日本の国民は続投を許すだろうってことかい?」

V.V.「個人々々でなら頭のいい人間も、数が集まって集団となれば途端に愚かになる。為政者にとっては都合のいいことにね。それが現実だよ。ねぇ、君はなぜ民衆は自らの首を絞めるような選択を平気で取れるんだと思う? 自分で自分を殺すようなことだっていうのに」

QB大尉「直接刃物を使って殺さないからじゃないかな。手に血がつかない人殺しじゃ痛みなんてわからないもんだよ」

V.V.「……なるほど、一理あるように思えるね。ところでもう一つ気が付いたことがあるんだ」

QB大尉「なんなんだい? 聞いてあげるから、僕と契約して魔法少女になってよ!」

V.V.「ならないよ僕は男の子だし。この記事読んでいて思ったんだけどさ、『耳障り』じゃなくて『耳触り』だよね」

QB大尉「記事化したにちゃんねるの記者が誤記したんじゃない?」

V.V.「いいや……実は、サーチナの元記事からしてこの表記なんだ……」

QB大尉「……認めたくないものだね。(日本語が)外国語ゆえの過ちというものは」


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HANA子

Author:HANA子
看護師をやってる似非腐女子

夢は
F22ラプターに乗った王子さまか、
JAS39グリペンに乗った皇子さまが
迎えにきてくれること
ついでに言わせてもらえば、
メビウス1はうちの婿

イメージ的にアーニャならしい2×歳

ブクログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

ついったーはじめました

バナー
バナーです。リンクなどに使っていただけたら幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。