青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

創作発表板をメインの拠点にコードギアス二次創作やらオリジナル駄文、日々の雑記などを書き散らしていますの
青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~ TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  フルメタル蟹工船

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フルメタル蟹工船

わたしが責任者の湯浅監督官である
話しかけられたとき以外は口を開くな
口でクソたれる前と後に“サー”と言え
分かったか、ウジ虫ども!


(Sir,Yes Sir)

ふざけるな! 大声だせ! タマ落としたか!

(Sir,Yes Sir!)

貴様ら雌豚どもがカムチャッカの荒海で生き残れたら―――
水揚げした蟹は蟹缶となる 食卓に祈りを捧げる高級食材にだ
しかし、その日まではウジ虫だ! 貴様らは地球上で最下等の生命体だ


貴様らは人間ではない
海洋生物のクソをかき集めた値打ちしかない!


貴様らは厳しい俺を嫌う
だが俺を憎めば、貴様らはそれだけ蟹を取る
俺は厳しいが公平だ 学歴差別は許さん
中卒、ニート、高校中退を、俺は見下さん
すべて―――

       
平等に価値がない!

俺の使命は役立たずを刈り取ることだ
愛する蟹工船を蝕む害虫を!


分かったか、ウジ虫!

(Sir,Yes Sir)

ふざけるな! 大声だせ!

(Sir,Yes Sir!)


HANA「と、いう夢を見たんだ」

QB大尉「わけがわからないよ」


【蟹工船とは?】
1929年(昭和4年)に全日本無産者芸術連盟の機関誌である雑誌『戦旗』で発表された小林多喜二の小説。
いわゆるプロレタリア文学の代表作とされ、国際的評価も高く、いくつかの言語に翻訳されて出版されている。
この小説には特定の主人公がおらず、蟹工船にて酷使される貧しい労働者達が群像として描かれている。

《あらすじ》
カムチャツカ沖で蟹を獲り、それを缶詰に加工する蟹工船「博光丸」。そこは、様々な出稼ぎ労働者を安い賃金で酷使し、高価な蟹の缶詰を生産する海上の閉鎖空間であった。
労働者達は高価な製品を生み出しているにも関わらず、蟹工船の持ち主である大会社の資本家達に不当に搾取されていた。
情け知らずの監督者である浅川は労働者たちを人間扱いせず、労働者達は劣悪な環境の中で懲罰という名の暴力や虐待、過労と病気(脚気)で次々と倒れてゆく。
初めのうちは仕方がないと諦める者や現状に慣らされた者もいたが、やがて労働者たちは人間的な待遇を求めて指導者のもと団結し、ストライキに踏み切るのだった。



分かる人には分かると思いますが、
映画【フルメタルジャケット】のハートマン軍曹の口上で罵倒する管理官と罵倒される蟹工船の労働者達という絵
なんというシュールな夢でしょう!
だが事実だ。
夢診断とか夢占いとか色々ありますが、これってどういう結果が導き出されるのでしょうか……



あ、ちなみに夢の中で蟹缶を食べることは出来ませんでした。
ちくしょう……。

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
[ 2011/06/14 21:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HANA子

Author:HANA子
看護師をやってる似非腐女子

夢は
F22ラプターに乗った王子さまか、
JAS39グリペンに乗った皇子さまが
迎えにきてくれること
ついでに言わせてもらえば、
メビウス1はうちの婿

イメージ的にアーニャならしい2×歳

ブクログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

ついったーはじめました

バナー
バナーです。リンクなどに使っていただけたら幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。