FC2ブログ

青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

創作発表板をメインの拠点にコードギアス二次創作やらオリジナル駄文、日々の雑記などを書き散らしていますの
青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~ TOP  >  スポンサー広告 >  HANA子のにゅーす >  日本人の問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本人の問題

HANA「人が人に落胆する場合、一番多いのは「裏切られた」と感じた時だと思うんだ」

某QB氏「僕にはわからない価値観なんだよね。その「裏切る」という行為自体が僕達には理解できない」

HANA「価値観がわからないねぇ。でもそれによってトラブルが起こるっていう「現象」についてはわかるでしょ?」

某QB氏「それはもちろんさ。でもまぁ、現象としてわかると言うことと理解はまったく違う意味だ。これに関しては僕と君達とでまったく違う生き物なんだからしょうがない。それにしても……」

HANA「それにしても?」

某QB氏「認識の相違から生じた判断ミスを後悔する時、何故か人間は他者を憎悪するんだよね。いつもそうさ、わけがわからないよ」

HANA「認識の相違……ねぇ。確かにコレは認識の相違から生まれた事に過ぎないのかもしれないね」

某QB氏「釈然としていないようだね、HANA子は」

HANA「あんたと一緒よ。現象としてわかるということと理解することってのはまったく別のことなんだから」


民主党:石井副代表らがゴルフ 「目につかない」と比で
 民主党の震災対策副本部長を務めている石井一副代表ら同党議員3人が、訪問先のフィリピン・マニラ首都圏郊外のゴルフ場で5日、在留邦人らとゴルフをしていたことが6日、分かった。

 石井氏は、東日本大震災後、ゴルフをするのは初めてで「国外であれば目につかないと思った」と説明。「被災者の方から見れば『何だ』という気持ちになるでしょうね」と述べた。
 同氏は昨年秋に日本フィリピン友好議員連盟の会長に就任。会長として3~6日の日程でフィリピンを訪れ、同国政府当局者や上院議員らと面会して、日本の政府開発援助(ODA)や通信事業関連について意見交換した。日本への震災支援の関係者や、議連のフィリピン側議員らとも会ったという。
 ゴルフをした他の2議員は、生方幸夫元副幹事長と那谷屋正義参院議員でいずれも議連メンバー。
 石井氏はプレー後、取材に応じ「訪問はゴルフをやるためではなく、あくまで公務。被災者に悪い感情を与えるようなこと(報道)はしないでほしい」と強調した。
 ゴルフは、フィリピン在住の邦人経済関係者らの招きで十数人でプレー。
 フィリピンの日本大使館員やフィリピン政府関係者らは含まれていないといい「プライベート」と説明した。

 石井氏は衆院当選11回。落選後の07年に参院選の比例代表にくら替えし当選。元自治相。現在、選対委員長なども務めている。
毎日jp 2011年5月6日






まず一つ、ゴルフをするなとは申しません。
遊ぶ時期を考えてくださいということ。
そして一つ、国外であれば目につかないとはなんですか? 被災者の方から見れば云々とはなんですか? 被災者に悪感情をもたせるようなこと(報道)はしないでくれとはどういうことでしょうか?
ようするに自分のやっていることが後ろめたいことだとわかっているってことですよね。わかっててやっているってことですよね。
最後に一つ、あなたは民主党の副代表であり、そのうえ震災対策副本部長の職にありましたよね。
それだけです。もう他には何も言うことはありません。



とはいえ、これで記事が終わってしまうのもなんなのでもう少し。
この石井一議員、これまでも色々と物議を醸してきた人物として有名です。
昨年2月、長崎県知事選での決起集会において、

「(民主党を選ばないという)そういう選択をされるのであれば、民主党政権は長崎に対し、それなりの姿勢を示すだろうと私は思います」

と恫喝ともとれる(HANA子の個人的見解では“ともとれる”はいらないように思いますが)発言をして物議を醸しました。
他にも、

「公明党はばい菌みたいなものだ」

「1票くらい、聖徳太子1枚くらい出せば十分取れる」

「少し語弊があるかもしれないが、鳥取県や島根県は人が住んでいるのか、牛が多いのか、山やら何かあるが、人口が少ない所で、日本のチベットみたいなものだ」

などと数々の非常に香ばしい発言をされています。
そうそう、対話融和を掲げて北朝鮮との国交正常化を目論む目指す「朝鮮半島問題研究会」の顧問やパチンコ関連の業界団体「パチンコチェーンストア協会」の政治アドバイザーにも就任していました。
民主党は……本当に人材が豊富と言わざるを得ないと思います。
ただ、その「豊富」の意味が正しく間違った意味で「豊富」であるのですが。
新潟県選出の菊田真紀子衆議院議員・外務政務官は震災発生後の14日にASEANフォーラム出席の為にインドネシアに向かいましたが、その際に在インドネシア日本大使館にエステと観光スケジュールの作成を命じたとか。
ホテルで、デパートで、大変リラックスして楽しんで来たということです。
転倒問題で一躍時の人となった遅刻常習者三宅雪子衆議院議員も震災発生後の15日夜記述の自身のブログで「アロマの香りを楽しみながら英会話の勉強~」と緊張感のない発言をして批判を受けていますね。
極めつけは広島県議会議員の梶川ゆきこ議員で、「今次震災は人工地震。ソースはゴルゴ13他」などというトンデモ話を繰り広げて話題になっていることはけっこう広く知られていることと思います。
正直な所、もうお腹一杯なんてレベルには収まりそうにありません。


某QB氏「その反応は理不尽だよ」

HANA「……なにが」

某QB氏「これらの人間たちの行動や言動を理不尽なものだって思うのなら、君はまるで物の本質がわかっていないよ」

某QB氏「彼らは国会議員となることで政治の仕事に携わり、様々な特権を得る。しかしそれは選挙権を持つ君達が自分の思想や気分にのっとって選択した結果によってだ。どうだい? なんとも理想的な共栄関係にあると言えないかい?」

HANA「彼らに罪があるとしたら、わたしたちにも罪があるってことなの?」

某QB氏「だってそうだろう? 彼らを選んだのは君達なんだから」

HANA「でもわたしは……」

某QB氏「君という個人が選んでなくてもさ。だってそうだろう? 社会っていうのは君達一人々々が構成しているものだ。個人という単位が積み重なってはじめて「社会」というものが出来るのなら、社会の選択は君の選択でもあるはずさ。間違っているかい?」

HANA「…………」

某QB氏「希望から始まり、落胆で終わる。これまでの歴史で人間たちが繰り返してきたサイクルだ」

某QB氏「停滞した社会を打破しようとして、人は理想によって変革を志すよね。でも、どんな理想も結局は名などない大多数の人々──大衆の中に呑み込まれていくのが社会のプロセスだ。すると大衆はその変化を“堕落した”と言って嫌う。でも停滞も変革も変化も結局は大衆自身が望んだことなんだよ」

某QB氏「変革とは社会を劇的に変えてしまうことだ。それはいわば社会の条理を覆すことなんだよ。どんな理想だってそれが条理にそぐわないものである限り、必ず何らかの歪みを生み出すことになる」

HANA「何が言いたい……」

某QB氏「やがてそこから災厄が生じるのは当然の節理だ。そんな当たり前の結末を裏切りだと言うなら、そもそも、変革なんて望むこと自体が間違いなのさ」

HANA「いまよりも……より良い社会を期待することは間違っているのかな?」

某QB氏「さぁね。愚かとは言わないよ。否定もしない。その繰り返しで君達人間が歴史をつむいできたこともまた事実なんだしね。ま、後は君たち日本人の問題だ」

HANA「そう……だね。日本人の問題だわ。確かに……」


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HANA子

Author:HANA子
看護師をやってる似非腐女子

夢は
F22ラプターに乗った王子さまか、
JAS39グリペンに乗った皇子さまが
迎えにきてくれること
ついでに言わせてもらえば、
メビウス1はうちの婿

イメージ的にアーニャならしい2×歳

ブクログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

ついったーはじめました

バナー
バナーです。リンクなどに使っていただけたら幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。