青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~

創作発表板をメインの拠点にコードギアス二次創作やらオリジナル駄文、日々の雑記などを書き散らしていますの
青く輝く月の下で ~Under the shining B.L.U.E. moon~ TOP  >  スポンサー広告 >  HANA子のにゅーす >  あれから一年……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あれから一年……

宮崎 口蹄疫発生1年 進む法整備 農場再開は半数 道のり遠く
宮崎県で昨年、口蹄疫が10年ぶりに発生してから20日で1年。牛や豚など計約29万8千頭が殺処分された教訓を基に、この1年で法改正などがされてきた。
だが、被害農家のうち経営再開できたのはまだ半数で、宮崎県の畜産復興の道は険しい。

 「最も大切なことは発生の予防と早期発見、通報、迅速な初動対応。関係者が連携することが重要だ」

農林水産省は19日、都道府県の家畜衛生主任者らを集めた会議を開催。川島俊郎動物衛生課長が約350人の参加者に改めて防疫に対する意識を高めるよう呼び掛けた。
昨年の教訓をふまえ、今月4日には「改正家畜伝染病予防法」が公布された。
改正法では、国の定める症状があった場合、家畜の所有者らに都道府県に迅速に通報することを義務付け。通報を促すため、家畜の殺処分に対する手当金を家畜の評価額全額に引き上げる一方、通報遅れなどには罰則も盛り込んだ。

改正法によって海外からのウイルス持ち込みを防ぐ水際対策も強化される。
入国者に対し質問票を配布して、過去10日以内に畜産関連施設に立ち寄るなどした人を把握。入国後一定期間、家畜農場に立ち入らないように指導する。
虚偽報告には30万円以下の罰金が科せられる。

だが、法整備の一方で、宮崎県の畜産の復興は道半ばだ。
県によると、家畜を殺処分した約1270農場のうち、今年3月末までに再開したのは半数の約630農場にすぎない。
とりわけ被害が集中した東部の再開率が低く、川南町が42%、都(つ)農(の)町33%などとなっている。

県では理由を「韓国で口蹄疫が拡大しているため、日本でも再び感染が出るのではないかという懸念がある。さらに、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)論議で日本の畜産業の将来に関して農家が不安を抱いていることもある」と説明する。
JA尾鈴(川南町)の松浦寿勝畜産部長は「経営再開しても採算が取れるまで数年かかる。70代以上の高齢農家が廃業するケースが多い」と話す。

復興には種牛の早期育成も欠かせないが、残された宮崎県保有種牛は55頭中5頭しかいないという事実も重くのしかかる。
感染拡大の一因となる大規模飼育や、農場の密集への対応も課題として残っている。
福島県を除く46都道府県を対象に農水省が実施した机上訓練では、過密地域で同じ条件で農場を抽出した場合、宮崎県が2298戸と最も過密していたことが分かっている。
宮崎大の後藤義孝教授(獣医微生物学)は「家畜飼育のあり方を徹底的に見直さずに復興を図っても、また同じことが起きる」と、問題の難しさを指摘している。
msn産経ニュース2011.4.19

南九州で猛威を振るった口蹄疫問題から、もう1年が過ぎました。
あれからも鳥インフルエンザや新燃岳噴火など、宮崎県にとっては大変な問題がひっきりなしに続いています。
18日から今日にかけて発生から1年を迎えたというニュースが報道されるまで、全国的には騒がれることのないニュースになっていましたが(もちろん東日本大震災という大きな事件もあったわけですし)、上記のニュースにあるとおり、現場である宮崎の人々にとってはいまだに現在進行形の問題でもあるわけです。
今年3月末までに再開した農場は半数……そして特に被害が集中した東部では3割そこそこしか再開に至っていないというのですから。
それにやはりというか、廃業という選択を余儀なくされている農場主の方々もたくさんおられるようです。
このような悲惨な災害を起こさない為に、我々はどうするべきかということを考えなければいけません。
先月は鹿児島で、今月は宮崎で口蹄疫に関するシンポジウムが立て続けに開催されました。
その中で特に言われたのは、新調したマニュアル等を農家に渡して「後はお願いしますよ」などという現場にのみ責任を押し付けるやり方ではいけないということだったそうです。
県や国──行政も責任を持ち、地域に住む住人全体も意識をもって協力していく機運を高めなければいけないということです。

一年前に起きた目を覆わんばかりの惨事、災害、人災、これを再び発生させないためには、この一年間を教訓として国民全体が問題意識を持ち、これを向上させることを忘れずに持ち続けていくことが重要なのだと思います。
失われた約30万頭もの家畜たちの命が無駄なものになるかどうかは、そこにかかっています。
そしてそれは、今回の大震災のその後に対するわたしたちの意識にもつなげるべきことなのではないでしょうか。


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 2010年口蹄疫問題へ
2010年口蹄疫問題
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HANA子

Author:HANA子
看護師をやってる似非腐女子

夢は
F22ラプターに乗った王子さまか、
JAS39グリペンに乗った皇子さまが
迎えにきてくれること
ついでに言わせてもらえば、
メビウス1はうちの婿

イメージ的にアーニャならしい2×歳

ブクログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

ついったーはじめました

バナー
バナーです。リンクなどに使っていただけたら幸いです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。